メニュー

関節リウマチの治療

リウマチの治療関節リウマチとは関節の内側にある滑膜と言われる部分が炎症を起こして、関節痛や関節の変形が

生じる病気です。原因ははっきりと分かっていませんが、自己免疫疾患の一つとされています。

関節リウマチの症状としては、複数箇所の関節の痛みや腫脹、熱感、さらに朝方の手のこわばりを

特徴とします。特に手指の関節痛や手関節痛を訴えている方が多いです。一般的には複数箇所の

関節症状がでますが、1カ所だけの関節症状のこともあります。これを単関節リウマチと呼んで

います。

診断・治療

血液検査やレントゲン・超音波・MRI等による画像検査にてリウマチの診断をします。

治療は抗リウマチ薬による投薬治療が一般的です。最近では非常に効果的な注射製剤が多数

開発され、症状によってはこの注射製剤を使ってコントロールします。また関節が破壊されて

しまっている場合には手術による治療を行うことがあります。

現在のところ、関節リウマチは原因が分かっていないため完全に治すことは出来ません。しかし、適切な治療を行えば

症状の進行を遅らせたり、全く症状が無い状態を維持することができます。そのためには早期の診断・治療が重要ですので、

心当たりのある症状がございましたら先ずはご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME